QLOOKアクセス解析

misc.life.sydney.log

シドニー郊外、大分水嶺山脈の中で暮らす日々のあれこれ
blogpeople:
1月はじめに、旦那の所用ついでにセントラルコーストで二泊してきた。

天気が良かったのは初日だけ、2日目は寒いし3日目は電車で帰らなければならなかったのでビーチへは行かず、という消化不良気味な日程だった。ま、後日長男坊は旦那とボンダイビーチへ行ったりしたんでまぁいいでしょ。

前日に近隣のビーチでサメが出たという Avoca Beach。



旦那曰く、この日もライフセーバーがサメの話をしていたという。浜の中心部から少し離れたところにテントを張り、泳いだりサンドイッチ作って食べたりテントの中でのんびりしたりと、家族でゆったり過ごすことができた。




2日目、ペリカンがたくさんいる Entrance へ。


これはかもめです。

この日は風は強いし、寒くて海にも入れないし、貸ボートは閉まってて借りれないしのないないづくしだった。海辺のひなびた移動遊園地で遊び、その後 Entrance North へドライブ。Norah Head という岬にある灯台の周りを散策した。



晴れてたらとても素敵なところだと思う。大きな巻貝を拾ったらヤドカリが入っていたり、ウミウシを多数発見したりと、この日はここが一番楽しかった。っつうか海辺の観光地ってこんな日は何もやることないよね...

3日目、所用のある旦那と別れ、Gosford から電車で帰宅。
車窓から眺める Hawksberry River 沿いの風景、ウォーターフロントはウォーターフロントだけど、山!川!はいそれだけ!という感じで寂しかった。Strathfield で飲茶のお昼をいただき、電車を乗り換えて帰宅の途につく。

次回のビーチホリデーは、毎日今回の1日目みたいな過ごし方をしようと思う。でも次は、いっそのことタイに行きたい...

今回初めて見たタッチパネル式自販機。「デザインあ」にこの自販機を設計した工業デザイナーの人が出てたっけ。洗練されてるねー。

先週土曜日に、冬の豪州に帰国した。

今回は滞在中に父の様態が悪化してしまい、正直こっちに帰ってくるのがつらかった。ただ、悪化前、車を運転できるほど元気なときに長男坊ともども一緒に時間を過ごせたのは幸いだった。

そして長男坊は「千葉の子になる〜」というほど滞在を楽しく過ごした模様。

そんなこんなで、帰国後はいつものことだけど、今回はいつにもまして、寒い山の中で気分が塞がり気味な毎日である。気分転換に紀伊国屋にでも行きたい。
Disney Resort 行き。
1日目は Disney Sea、2日目は Disney Land へ。
当日は台風が来るかもという予報が出ており、驚くほど空いていたので結構乗れた。

ホテルからモノレールの駅に移動するバスの内装。毎回思うけど、徹底した夢の国づくりはすごい。





Disney Sea の水かけパレード。かっぱを着ててもずぶぬれになっていた。


今回初めて訪れた「アリエルのプレイグラウンド」。このクラゲのランプ欲しい。海藻や貝や水泡をあしらった人工海中世界、好きです。マーメイドラグーンシアターでミュージカルを見たけど、出てる人達はシルクドソレイユと掛け持ちしてそうな雰囲気だった。





イッツアスモールワールドのメキシコ。ゴールデンブックスの絵本に出てきそうな、ある意味理想のメキシコ。


Disney Sea の水地球。


現実逃避もいいもんです。
暑さMaxの7月中旬、お台場のリスーピアに行ってきた。
数学系(素数など)はまだ難しすぎたが、理科系のゲームではとても楽しそうに遊んでいた。理科得意になってください。

その後観覧車にも乗ってきた。


Cars 2 にでてくるレインボーブリッジ。


10年前の勤務先周辺をカメラ片手に観光するというのは少し奇妙な気分だった。
夏休みが始まる前に、上野の国立科学博物館へ恐竜博 2011 を観に行ってきた。



江戸川を越え、新小岩を過ぎたあたりから Sky Tree が見えてきた。結構感動。全高634mか~。

上野に到着。博物館の後にパンダを見に動物園に行ってみようかと思ったが、炎天下を歩いていくうちにそんな甘い考えはすぐに消えた。



恐竜博の目玉、トリケラトプスとティラノザウルスの骨。公式グッズ販売エリアではお母さんの方が盛り上がってしまい、限定手ぬぐいだのフリッジマグネットだのを買いこんでしまった。限定フィギュアのガチャガチャもやった。縄文人と縄文犬が出てひそかに嬉しかった。



アイスコーヒーと恐竜の形のビスケットで休憩。

科学博物館の常設展も見てまわった。長男坊は、恐竜博よりこっちのいろいろ体験できるフロアの方が楽しかった様子。



心を惹かれる標本や剥製がたくさんあるんだけど、中でも剥製がずらっと並んでいるフロアが素晴らしかった。長男坊は類人猿コーナーに興味津津だった。

帰宅ラッシュが始まる前の4時過ぎに帰宅。楽しかったが暑さにやられた1日だった。
近所のコンビニに花火が置いてなかったので、炎天下の中、長男坊と汗だくになりながら15分ほど歩いて別のコンビニで買ってきた花火。



この心躍るパッケージったら!
最近のは小分けにして小袋に入っているので、しけなくて便利だね。



あぁ日本の夏。帰りたくないわー。
一番お手軽な外出先、近所の博物館へ。


涼しい雑木林の中を歩いて (頭に巻いているのは、保冷材を包んだ大判ハンカチ。長男坊考案。)


敷地内にある鳥観察小屋でバードウォッチング。魚を捕獲するサギと、カイツブリの卵を観察。

その後博物館へ移動。


猿かに合戦そのものの猿の剥製。


標本。大好き。


〆は博物館内の喫茶店にてかき氷。

実家の母が、近所のスイミングスクールの1時間×3日の短期コースに予約を入れておいてくれた。

私も通ったスイミングスクールなんだけど、50mプールで毎時間ごとに60人以上の子供たちがクラス別に練習する様子は圧巻だった。今までは田舎のプールで、一般の人も泳ぐ中の一画でゆるーい練習だったので、長男坊も最初は面食らったようだったが、子供たちばかりで活気があるのがよかったようだ。時間になるまで、更衣室の外にあるお風呂のような小さいプールで控えているのが楽しかったらしく、初日以降はいつも早めに行くことになった。こっちに来る前は「水泳教室行っても日本語わからない...」と不安げだったが、「先生きちんと教えてくれる」と言っていたし、最終日にはもっと通いたがっていたので、これは良い体験だった。


お隣さんからめだかを頂いた。

さっそくネットで水槽セットを取り寄せ、セットアップする父。

これで、母の自家菜園で野菜もぎに加えて、メダカのえさやりが長男坊の毎朝の日課に加わった。母によれば、私がまだ寝てる間、「めだか、かわいいね」と言いながら楽しくやっているらしい。

この日は、車で15分のところにある農園の直売所へ野菜を買いに行った。新鮮な野菜がスーパーよりも安く買えるので、父母もよく利用しているという。山の中の自宅近くにもあればいいのに...



じっとりする暑さの中で食す冷えたスイカ、最高です。
今日で日本滞在4日目。

暑い。おまけに節電のため、どこもぬるい。それはそれでいいんだけど、到着初日の空港ではさすがに驚いた。あとTwitterにも書いたけど、Yダデンキ。なんだあの暑さは。実家の母も驚くほどだった。

今日で滞在4日目。実家の両親は、孫のことになるとほんとに甘くなるということを改めて実感した。「昨日はじいちゃんに買ってもらったから、今日はばあちゃんが何か買ってあげる」とか「いいのよ、1年生は足し算と引き算ができれば」とか「読めるんだからいいのよ、読めればあとからちゃんと書けるようになるわよ」と、子供である私のときと大違い...

昨日は、ごみ焼却場の熱を利用している温水プールへ行ってきた。平日の昼間、子供用滑り台は誰も使っておらず、長男坊独占。たいそう楽しかったらしい。今日は長男坊の髪を切ってランチバイキングでお昼にしてきた。杏仁豆腐の味がダメだった一方で、ゆず味の団子を美味しいと言ってぱくつていたのにびっくり。

豪州から持ち込んだ仕事を昨夜仕上げたので、今宵はゆっくり白缶のエビスビールで晩酌。ビールもいろんなのがあってどれもこれも試したくなる。で、いい気分でTVを見ていると、天気予報で、通常の天気予報と明日の電力消費予想と今日の放射線検出量を流しているのがとてもシュールに感じられ、SF 小説の中にいるような気分になる。

おまけに旦那からかかってきた電話によれば、自宅付近は強風でひどい被害が出ており、もしかしたら週末まで停電かもしれないという。おまけに明日あたりかなり冷え込むらしい。こんなときにかぎって薪を切らしている我家。猫と一緒に頑張ってください。