QLOOKアクセス解析

misc.life.sydney.log

シドニー郊外、大分水嶺山脈の中で暮らす日々のあれこれ
blogpeople:


レンタルDVD郵送サービスが廃止になってストリーミングサービスに移行し、さらに近所にあったレンタルDVDショップがつぶれて数カ月。近隣の町で生き残っているレンタルDVDショップはどうしようもない品揃えので、これを機に Apple TV を買った。

Apple TVでできることは、

*PCの中にある動画、曲、写真をTVで視聴する。
*youtube, vimeoの動画をリアルタイムで検索して視聴する。
*itunesで映画をレンタルまたは購入して視聴する。
*iphone、ipad、ipod で表示している内容をミラーリング機能によってTVに映し出す。

最後のミラーリング機能だが、iphoneにあるAirPlayという機能を使ってプロジェクターさながらにiphoneの画面をTV画面に映し出すことができる。長男坊大喜び。Airplayを使い、iphoneやipadをコントローラーにしてTV画面でプレイできるゲームもあるらしい。

で、届いた箱を開けてセットアップしてみる。画面に表示される指示に従うだけなので特に問題なし。っていうかものの3分で完了。付属のおしゃれな薄型リモコンは文字を入力するときに使いづらいのと、日本語入力ができないこともあり、Appleが出している専用のリモコンソフトをiphoneにインストールした。

手始めに男子大好き Transformer の最新作を借りて風邪ひき中の長男坊と鑑賞してみた。



ポチッた後特に待つこともなくスムーズに再生された。レンタルした映画は30日間有効。視聴開始後は48時間有効で、この期間内なら何度でも見ることができる。HDの画質もすばらしい。それと借りる前に予告編を見ることができるのは案外いい機能じゃないかなと思った。

難点は、itunesのレンタル映画の品ぞろえがまだ充実していない点だろう。アートハウス系を増やしてくれとは言わないけど、Star Warsシリーズがないっつうのはねぇ... これはitunesで音楽データを売り出した頃に似ているので、今後に期待。

いちいちお店まで出向かなくてもいいし、貸し出し中で待つこともないし、「あ!忘れた」で延滞料金を払う必要もない。どうしても見たいレアな映画ならDVD買っちゃえばいいし、これじゃあレンタルDVDショップもつぶれるわね...

こうやって流通のオンライン化が進むことは、田舎住まいの私にとってはありがたい。しかし、書店やCDショップやレンタルビデオショップという現実の空間で、実際にモノを手にして見たりスタッフ手書きのおすすめ解説を読んだりしながら探す機会が減っていき、リモコンやPCで指先ひとつで画面のあっち側を操作するだけになってしまうのは、時代の流れとはいえ、なんとも寂しい気分でもある。
喪中と書いた昨日の今日ですが。

皆様よいクリスマスをお迎えください。

今年のクリスマスの一曲はフランスのチルドレンミュージックから。

C'est Noël, alléluia by Isabelle Caillard



11月下旬に日本に帰ってからの3週間、これまでの人生で最も濃い3週間だった。

仕事や飛行機のチケットなど、周りの流れがまるで私のために万障お繰り合わせしてくれたかのようにスムーズに進み、父の最期を看取ることができた。長男坊も悲しいけど大切な体験だったと思う。まだあれだけど、落ち着いたら在宅の終末期緩和ケアの体験談とか書いてみようかと考えている。

そんなこんなでクリスマスももう目の前だが、喪中というエクスキューズを使い(ほんとはめんどくさくて)ツリーも出していない。まぁ1回くらいそういう年があってもいいでしょ。

ところで、実家の母から「食べきれないしこれは日持ちするから」ということで、頂き物の羊羹を数本もらってきた。梅羊羹とゆず羊羹。どうしようかこれ。羊羹パーティーでもやるか。

ということで、しばらくは Twitter で。
あら3週間近くたっている。

長期の仕事が入ってきてキツキツのスケジュールで進めていたらいろいろばたばたして、諸々のことの目途がついたのが数日前。

来週は仕事に並行して子供の習い事の発表会(その前にリハーサル2日)やら学校でボランティアに参加した親のためのモーニングティーやら旦那のイベントやら怒涛の一週間になりそうだ。そして来月はさらに忙しくなりそうな感じ。

しかしあれだ、自分の周りで物事がめまぐるしく動いていて、感情的にも結構きている最中に、たびたびやってくるやけに冷静な気分ってのはなんなんだろう。脳の防御システムが働いてるんだろうか。

山に住む長女のお母さん方の集まりへ。

みなさんお久しぶりで、持ち寄りのランチと、場所を提供してくれたKさん手作りのパンやケーキをいただきながら、日本語でお喋り。子供の年齢が近いこともあり、学校の宿題の話やらなにやら。

山の中のどこそこの町に日本人の人が住んでいるという話になってわかったんだけど、田舎の割に在住日本人の人が結構多い。さすがに山の西の方になるとぐっと減るみたいだが。

日本語で思いっきり喋ったおかげか、日常生活で無意識のうちに沈殿していた澱がクリアになったような気分。すっきり。


デューラー作。

そうそう落ち込んでもいられないので、先週から仕事再開。「あなたの知らない世界(心霊関係じゃないよ)」でひぃひぃいいながら仕上げた仕事を昨日朝に納品したが、その後、長男坊からうつった風邪のせいで寒気と喉の痛みに襲われる。

今朝は朝一で薬を飲んで復活。

長男坊を送り出した後にニュースを眺めていたら、株価はすごいことになってるわ、ロンドンの暴動は地方に飛び火して大変なことになっているわで、21世紀になって10年あまりなのにもう世紀末の雰囲気が漂っている。このまま行ったら Mad Max の世界になっちゃうのかしら、そうなったらベッドの下に眠っている旦那の弓が活躍するかもなどと風邪の頭で軽く妄想。

おまけに豪ドルも勢いよく落ちている。中国様の指標に左右されてるのかぁ。パリティ割るのも時間の問題だわこりゃ。送金もう少し待ってればよかった。ちょっと悔しい。

しかしまぁ、日本から帰ってきてこうやってニュースを眺めていると、メディアの自国に対する姿勢の違いを実感する。終始自虐的/悲観的な日本に対し、なにかにつけ楽観的というか「俺たちは大丈夫!」なオーストラリア。昨日も「株価は下がりましたが、アジアの他の国よりも下落率は小さいんです!」とか。そういう問題じゃないと思うんですが...

それにしても、ほんと今年は大変な年だ。大洪水、大地震に放射能汚染、竜巻に未曽有のデフォルト危機と、世界中を激震が走っている。キリスト教徒じゃないけど4騎士が馬に乗って暴れまわって天使がラッパを吹きまくっているんじゃないかと思ってしまう。そういえば内陸の方でイナゴやネズミも大発生してなかったっけか。また、マヤ暦やアセンションなんちゃらでは2012年が一大変革の年らしいけど、なんかそうなってもおかしくない感じである。

風邪のせいか、そんなことばかりが頭をめぐった冬の朝だった。
お世話になっている同業者の方と久々にランチをご一緒した。

ローカルオージー向けの甘すぎる味付けのタイ料理をつまみながら、学校のお母さん同士の付き合いの話から日本の政治、メンタルヘルス、そして仕事の話まで、あっという間の3時間だった。娘さんたち、初めて会ったときは8歳くらいだったけどもう25歳か...早いなぁ。

ところで、この業界の暗黙の了解なんだろうけど、同業者同士で話すときに、共通の仕事をしたことがあるクライアントなどを除いて、仕事を受けているクライアントの名前を出すことはまずない。「どこそこ(地名)の会社で...」とか「オフィスの様子が...」とか「最近の傾向で...」という話が出ることはあるけど、クライアントの詳細や単価って全くと言っていいほど話に出ない。これ、他の業種のフリーランスの人達もそうなんだろうか。とふと疑問に思った。
今回一家3人で罹った(まだ罹ってるけど)喉風邪は、稀に見る強力なものだった。

月曜日の夜、旦那と子供が同じ咳をしていていやーな予感がしたので、火曜日午後納品の仕事を頑張って月曜夜に仕上げて納品しておいた。

火曜日になり、旦那と子供は朝からダウン。私も昼過ぎからダウン。喉がやられ、体が疼痛と寒気に襲われ、誰も薬なしではまともに起きることができないという状況が2日間続く。薬が効いている間に力を振り絞って買物。こういうときにつきものの変な幻覚もあった。今回は、カラフルなスライムの山があって、その前面になぜか大きなボタンがどーんと飾ってあるモダンアートっぽい幻覚と、この世界はすべてスライド式というわけわかんない幻覚を日替わりで見た。

木曜日、長男坊がだいぶ回復してきて翌日には学校にも行けそうだったので楽観していたら、金曜日になってまたダウンだったので、これはいかんと思いGPに連絡するも、「予約でいっぱいです。土曜日の予約は当日朝8時に受け付けます」と言われる。金曜日、仕事のファイルが来る予定だったが月曜日になりましたと客先から連絡。ほっとする。

そして今日、土曜日朝8時からまるでチケット予約のように電話するもかかったところで「本日はもう予約で埋まりました。月曜日に予約を入れておきます」と言われた。具合が悪くなったら近所の病院ですぐに見てもらえた日本が恋しい。気管支にきてるらしい咳を除いてはだいぶ元気がでてきたので、掃除など。

と、この5日間、大変だったが、仕事なしだったのでかえって休養になったのは幸いだった (↓に続く)。
今週に入り、子供も調子を戻してきて楽になるなぁと思った矢先、客先 2 社から複数案件を受けてしまった。その結果が2日おきに納品という五月雨式スケジュール。納品前のこまごまとした作業に結構時間かかるので、結構きつきつ気味。週明けで一段落つく予定。

ところで今日、子供が遠足のお手紙をもらってきた。1年生になって、いろいろな活動はステージ 1 と呼ばれる1年生/2年生の大きなグループ単位で実施されるんだけど、ステージ 1 ではキンディのときになかった「遠足への参加条件」がある。それは、今学期 2 回以上タイムアウトになったか、またはイエローカードをもらった児童については、安全上の理由から遠足に参加できるかどうかは未確定で、担任または校長先生との面談で決めるというもの。ちなみにタイムアウトというのは、授業中に数回注意してもきかない児童が受ける罰で、授業中はいつもの席を離れてひとり壁に向かって座り、お昼休みの半分を教室で過ごさなければならないという。イエローカードはよくわからないんだけど、多分タイムアウトが重なるとイエローカードになるんだろうと推測。常々「こっちの学校はなんでこんなにゆるいんだろう」と思っていたけど、これには結構感心した。先生方も、引率する上でふざけてばかりいる子がいたら全員に注意が行かなくなるしね。長男坊は今のところ、「タイムアウトは受けてない!」とのこと。

また、遠足には親も引率のお手伝いで参加可能 (ただし、児童同様に参加費がかかる)。遠足のたびに「お母さん (ここまで日本語)、次の遠足、来て来て〜」とせがむ長男坊に、「お仕事だから無理だよ」と答えつつ、罪悪感をチクチクと感じている。今度の遠足は面白そうなので参加してもいいかなぁと思うが、朝7時過ぎに集合というのがねぇ...前日と当日の仕事を休みにしとかないと無理だしねぇ... どうしたもんかな。
今日は旦那が夜勤明けなので、長男坊を連れてペンリスまで Pirates of Caribbean を観に行ってきたんだけど、帰宅後、長男坊が寝込んでしまった。最寄駅を降りてから気分が悪くなったという。でもお昼もマックのハッピーミールを半分しか食べてなかったあたりから、ちょっと調子が悪かったっぽい。いつもは完食の上に「まだお腹すいてるんだけど」と言う子だから。

夕食も食べずに横になり、何回か吐くうちに、とうとう水だけでも吐いてしまう程ひどくなってきた。仕事しつつ、洗濯機と乾燥機を2回回していると、今夜も夜勤のはずだった旦那が帰ってきた。旦那も同じ症状だよ... 旦那曰く、昨日長男坊が遊びに行ったおともだち一家が先週同じ症状の胃腸炎にかかっていたという。職場でも同じ胃腸炎にかかった人がいて、やはり子供から感染したらしい。あそこの町で流行ってんのかしら。

二人して強力吐き気止めを飲んで、就寝。明日は二人とも安静だなこりゃ。私ももう寝たい。